オンライン飲み会メッセンジャー Roomsの使い方

オンライン会議ツールが活況

新型肺炎の影響で自粛モードとなっています。そんな中でオンライン会議ツールが人気となっています。Zoomが代表格ですが、急速に需要が増えたせいかセキュリティに関する懸念が報道されています。

Zoomの問題点は、今のところは招待されていない第三者が乱入して、話している内容が漏洩したり、いたずらされてしまうことだと言われています。

基本的にはパスワードを設定するだけで、防げますので不安な方は必ずパスワードを設定するようにしましょう。

Zoomは超便利なツールですが、上記セキュリティ不安の中、対抗馬が出てきています。

有名どころですと、FacebookのRoomsとGoogleのMeetですね。

今回はFacebook Roomsについて実際に使ってみたので、使い方と感想をシェアさせていただきます。

Facebook Roomsの仕様(2020年5月8日)について

Facebook Roomsですが、現在(2020年5月8日)は試験的な配布になっています。使っているデバイスやOSによっても配布されている人がバラバラみたいです。

私ですと、PC(Windows)では使用できますが、スマートフォン(Android)やiPadではできません。

なので、今回はPC(Windows)で配布されているかの確認方法と、使い方について簡単に説明します。

まず現段階でのRoomsの仕様についてZoomsとの比較の形で説明します。

Zoom/RoomsZoomRooms
課金無し(の場合)無し
時間40分(3人以上)制限無し
人数100人50人
部屋分け可能(ブレークアウトルーム)不可
URL配布可能可能
待合室
パスワード設定可能

ともに無料で使った場合で比較。一番の違いは時間の制限だと思います。Zoomは3人以上の場合は40分までの制限がありますが、Roomsは無制限です。

あと、私たちのような英会話を開催するコミュニティだと、部屋分け機能の有無は気になりますね。今のところRoomsは部屋分け機能はありません。

ただし、いずれは実装されるのではないでしょうか。50人参加できる会議を開催した場合ですが、一人が発言して残り49人は黙って聞いているしかありません。

セミナーとかでしたら、部屋分け機能無しでいいですけど使い勝手が悪いですからね。ブレークアウトルームを使うことで少人数のグループディスカッションができるメリットがあります。

あと気になる点ですが、待合室機能がRoomsにはありません。つまり、主催者(URL配布者)が先にRoomsに入っている必要があります。

Zoomは待合室機能があるので主催者より先に、メンバーがURLにアクセスすることが可能ですね。

メッセンジャー Roomsが配布されているかの確認方法

まずはWindows PCでRoomsがあるのか確認する方法について説明します。手順は以下です。

1. Facebookにアクセス
2. Facebookアカウントからメッセンジャーにアクセス
3. メッセンジャー画面にRoomsがあるか確認
4. Roomsに入る

1.Facebookアクセス

Facebookにアカウントを持っている前提になりますが、まずはFacebookにアクセスしてください。

2. Facebookアカウントからメッセンジャーにアクセス

左上(赤枠部分)のメッセンジャーをクリック

3. メッセンジャー画面にRoomsがあるか確認

Roomsが配布されている人はメッセンジャー画面で左上にカメラのマーク(赤枠)があります。

このカメラのマークがあれば、主催者としてRoomsのURLを配布することができます。ゲストの人はこのマークが無くても主催者が配布したURLでRoomsを使うことが可能です。

メッセンジャーRoomsの使い方

自分のRoomsに入る

まずは自分の名前でRoomsに入ってください(赤枠部分をクリック)。

カメラの設定

右上の歯車マークをクリックしてください。

そうするとカメラの設定ができます。

以下の画面のように私の場合は、デフォルトは背面のカメラが作動しています。なので正面のカメラに変更して保存。

これだけでカメラの設定はおわりです。

スピーカーとかの設定もここの画面からします。

URLの作成と配布

いったん戻ってもらって真ん中下の「通話の参加者を表示をクリック」

すると以下の画面が出てきます。

ここで友達を招待のところのコピーボタンをクリックすれば招待用URLをコピーできます。

あとは招待したい人に配布するだけです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Webサイト作り
English コーチン 名古屋で英会話
タイトルとURLをコピーしました