英語学習

MLB野球粘着物質って英語で何て言う?

MLB野球粘着物質って英語で何て言う?

今回はMLBで問題となっている、粘着物質を使用した不正投球について、

粘着物質を英語で何て言うのか?皆様にシェアします。

foreign substances/sticky substances

結論から言ってしまいますとforeign substancesが粘着物質の意味で主に使われています【1】。

foreignは外国のとか外からという意味の形容詞。つまり外から持ってきたsubustances(物質)って意味になりますね。

その他にはsticky substancesもサブ的に使われています【2】。stickyはネバネバのって意味です。

ですので日本語の粘着物質を直訳するとsticky substancesって意味になりますね。

一応、投球時にはロージン以外には外から物質を持ってきて、いけないことになってます。

ただ、ボールのグリップを強化してコントーロールを安定させるために松脂(pin tar)や日焼け止めクリーム(sunscreen)を使うのが暗黙の了解になってました。

近年、松脂とか日焼け止めクリームのレベルとは相いれない超強力な材料を使ってボールの回転(spin rate)を上げることが起こっていると言われいます。

今シーズは記録が残っている中で過去最低打率の0.236、最高三振率の24.3%を記録【1】。その原因の一つがこの粘着物質によるspin rateの向上と見られており、MLBでは2021年シーズンから投球後のボールを回収して調査をしていました。

そして2カ月間の調査の結果、数百のボールに粘着物質がついていることが判明したそうです【1】。

そこで、審判が投手のユニホーム、防止、グラブを確認、不正行為が判明した場合は新しいものに交換する。そして不正が発覚した場合は10試合の出場停止処分にするようにするとのことです。

野球関連の記事

合わせて読みたい
野球ボール
全訳FoxSportsベンバーランダー 大谷翔平の2刀流について

全訳FoxSportsベンバーランダー 大谷翔平の2刀流について 執筆者について 執筆者紹介 名古屋の英会話・国際交流サークルEnglishコーチンの主催者 製造業サラリーマン 英検1級、TOEIC9 ...

続きを見る

【宣伝】「Englishコーチン名古屋で英会話」について

コーチン
ここからは当サークルの宣伝になります

当サークルですが、名古屋で15年以上活動を続けている老舗の英会話サークルです。

当サークルですが特徴が主に2つございます。

1つめですが、英語の記事についてのディスカッションを行う点です。

ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ガーディアン、ジャパンタイムズなど本格的な英字メディアの記事を使ってディスカッションをします。

実際に記事を読むため、読解力を身に着けることで来ます。また、記事について自分の意見を言うことが求められるので、英語表現力の幅が広がります。また論理的に自分の意見を言う力が身につきます。

2つめですが、海外の方が来られるという点です。

その時々ではありますが、参加者の1/3が海外出身の時がございます。出身もバラバラで、英語圏だけでなく、アジア、南米、アフリカ出身のかたもいらっしゃいます。

多用な英語に触れる機会になるかと思います。

当サークルですが、Facebookで活動日程を告知しております。「いいね」をクリックしてもらえますと告知した際に連絡が届くようになりますので便利です。

コーチン
現在は状況見ながら不定期で外で英会話をしたり、オンラインで開催したりしております。是非お越し下さい。

カテゴリー

-英語学習