Webサイト作り その他

英語学習サイト 1日平均50PV到達

英語学習サイト 1日平均50PV到達

当サイトは2019年の5月くらいから初めて2年たとうとしていますがやっとか1日平均50PVに到達しました。正直役立たない情報かもしれませんが、英語学習サイト1日平均50PVを達成するために実施したことを書いていきます。皆様の参考になりましたら、幸いです。

実施したことを箇条書きしますと以下。

  1. 忙しいけど兎に角書く、とりあえず100記事
  2. Google Search Console で調査してタイトルと内容を変更
  3. 体験記事を書く

1. 忙しいけど兎に角書く、とりあえず100記事

まずは記事を書くことでした。記事を書くにはキーワード選定が大事とは聞きますが、初心者はまず書くことだと思います。

初心者レベルの記事では中々、狙ったキーワードでGoogle検索の上位を狙うのは難しいので、気にせず兎に角書くことが重要と感じました。良く100記事書いたって検索順位は変わらないしPVは増えないって言う人がいます。確かにその通りです。

でも100記事書くと100記事のデータが出てきます。何がまともだったのか何がダメなのか?最低それくらいは分かるはずです。そこからが本格的なウェブサイト作成・ブログライティングなのだと思います。

2. Google Search Consoleで調査してタイトルと内容を変更

そしてデータが溜まってきて、やったのがこれ。Google Search Console で調査してタイトルと内容を変更することです。

現在当サイトで一番ランディング数が多いのが以下の記事。

https://english-cochin-nagoya.com/past-article-for…ssion-2-2-2-2-10-1272

こちらの記事は当サイトで、コンビニの24時間営業についての是非を議論しました。というただの活動紹介ページでした。

ですが、以外にもアクセスを集め始めます。検索ワードを見るとコンビニ24時間営業、英語、メリットがヒットしているようでした。

そしてそのワードで検索すると上位に来るのが、コンビニ24時間営業の是非を英作文でどのように書くか説明する内容だったのです。

そこで、タイトルも活動紹介のような内容ではなく、英作文を説明するタイトルに変更。

合わせて記事も英作文の書き方の解説と、私が書いた英作文の例を載せてみました。

この変更が大きく寄与しました。今では1日に10~20回のアクセスがあります。1記事だけで20アクセスも行くのは弱小サイトでは有難いです。

このようにGoogle Search Consoleで評価された場合は、その評価されたキーワードで競合がどのような記事を書いているのかを調べるのがベストです。

Google検索をする人が抱いている課題とそれに対する答えを提供することが大事だからです。

このようにして記事を改善して、沢山の人がアクセスできるようにしてきました。

3. 体験記事を書く

これは非常に重用だと思います。

当サイトで書かれているような、英語学習関連の説明はどこでもやっている内容です。

なので差がつきにくいってデメリットがあります。

そこで体験紹介です。

体験した人に一つの固有の内容。しかもユニークな体験であればさらにいいと思います。

例えば名古屋地区で特殊な英語の試験を受けた人の話とかは、非常にレアな検索ワードではあるものの上位進出できています。

当サイトは英語学習サイトでもありますが、英会話サークルサイトであるため、名古屋地区で高いレベルの英会話・英語学習をしている人を集めています。

でも名古屋、英会話の検索ワードでは、大手の英会話スクールに負けてしまいますし、ドメインパワーが違うのでそもそも勝ち目がありません。

そこでレアな英語体験・英語試験を絡めた記事を書くのが効果的と考えているわけです。

まだ、この記事をきっかけに当サークルに来たという方はいませんが、今後あるかと思います。

最後に

色々書かせていただきましたが、結局はある程度まずは書いてみることが大事です。

狙ったキーワードを使った記事が書けないときはちょっと、視野を広げて違う切り口で書いてみると案外Googleから評価されたりするものです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

-Webサイト作り, その他

© 2021 English コーチン 名古屋で英会話 Powered by AFFINGER5